【在宅ワーク】扶養(配偶者控除)内の範囲は38万,103万,150万?

【在宅ワーク】専業主婦アフィリエイターの扶養・配偶者控除の額「38万?」「103万?」「150万?」の壁

アフィリエイト 扶養・配偶者控除

「103万円の壁」という言葉を聞いたことはありますか?

103万円の壁とは、別名「税金の壁」。

パートやアルバイトをされている場合、扶養や配偶者控除を受けるために年間で103万円を超えないように働くというもの。

では、在宅ワークの一つである専業主婦アフィリエイターの場合はどうでしょうか?

「アフィリエイトも年間で103万円までは働いても大丈夫なのね!」

と思われるかもしれません。

しかし、青色申告をしていない専業主婦アフィリエイターの場合、所得「38万円」がボーダーラインです。

つまり、年間の所得が38万円を超えると扶養や配偶者控除からはずれてしまいます。

さらに、今回の税制改正では所得税の配偶者控除の見直しが検討されています。

配偶者の年収の上限を「103万円」から「150万円」に引き上げるというもの。

これによりもう少し働きたいと願っていた主婦にとっては理想的な働き方ができるかもしれません。

しかし、ここで問題なのが「社会保険の壁」です。

「社会保険の壁」とは、年収が130万円を超えると社会保険の負担が増えてしまいます。

このように、扶養・配偶者控除には税金と社会保険の2つの壁があります。

今回見直しが検討されている所得税の「150万円の壁」と社会保険の「130万円の壁」は別物です。

つまり、今回の見直しによって主婦は150万円まで働くことができても130万円を超えると社会保険を負担しなければいけないという問題がでてきます。

また、2016年10月に一定の条件を満たしている方は社会保険額が「130万円」から「106万円」に引き下げられました。

また、アフィリエイトの収入によっては、扶養から外れてしまうとかえって負担が増えてしまうかもしれません。

そのため、これからアフィリエイトを始める方も、専業主婦アフィリエイターにとっても、扶養・配偶者控除の知識を十分に理解しておく必要があります。

アフィリエイト
そこで今回は、

  • 専業主婦アフィリエイターの場合の扶養・配偶者控除について。
  • 「103万円」から「150万円」所得税の壁とは
  • 「130万円」社会保険の壁とは
  • 「106万円の壁」とは?

など、皆さんのお悩みや質問について詳しく解説していきます。

扶養には「税金」と「社会保険」の2種類ある

扶養控除や配偶者控除制度とは、ご結婚している場合やお子さんがいる場合など、一定の条件を満たすと控除を受けることができます。

※扶養控除・配偶者控除は厳密にいえば違うもので、妻の場合は扶養控除ではなく配偶者控除です。
ただし、夫婦世帯の場合はだいたい同じ意味合いですので、ここでは扶養控除で説明していきます。

皆さんがよく言う、「扶養の範囲内で働きたい!」という言葉の扶養には実は2つの意味があります。

それは「所得税法上の扶養」と「社会保険の扶養」の2つです。

簡単に言うと「税金」と「社会保険」の扶養のことです。

それらは全く違う制度ですので一つずつみていきましょう。

所得税法上の扶養とは

アフィリエイト配偶者控除

税法上の扶養とは「所得税」のことで、管轄は国税庁です。

納税義務者に扶養している家族がいる場合、条件を満たしていれば扶養・配偶者控除を受けることができます。

控除額は38万円。(70歳以上の場合48万円)

扶養・配偶者控除は、年末調整で所定された書類に記載し会社側に提出することで適用されます。

さらに、ご主人の勤務先によって配偶者手当が貰える場合もあります。

扶養に入る条件

控除対象配偶者とは、その年の12月31日の現況で、次の四つの要件の全てに当てはまる人です。

  1. (1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。
  2. (2) 納税者と生計を一にしていること。
  3. (3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
    (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  4. (4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者

参考 国税庁HP

サラリーマンの妻(専業主婦アフィリエイター)であれば3以外はほとんどの方が該当します。

3.について→パートやアルバイトなど給与所得者の場合とアフィリエイターの場合は控除が違います。

下記で詳しく解説していきます。

4.について→青色申告されている専業主婦アフィリエイターは青色申告事業主であり専従者ではありません。

パートやアルバイトの給与所得者の場合

パートやアルバイトなどの給与所得者の場合は「給与所得控除」というものがあります。

給与所得控除額の最低額は65万円。

基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円

これが103万円の壁ですね。

つまり、パートやアルバイトなどの給与所得者(会社からお給料をもらっている)の場合、年間103万円以下の収入であれば扶養または配偶者控除を受けることができます。

アフィリエイターの場合

アフィリエイターの確定申告には白色申告と青色申告があります。

アフィリエイターの場合は、給与所得者ではなく事業収入となります。

そのため、パートなどの給与所得者のように「給与所得特別控除額65万円」は適用されません。

ただし、青色申告の場合は税金の特別控除があります。

税務署で「青色確定申告承認申請」をしている場合は「青色申告」、それ以外は全て「白色申告」になります。

白色申告・青色申告それぞれみていきましょう。

白色申告アフィリエイターの場合

青色申告のような特別控除はありません。

そのため、白色申告の場合は、年間の所得が38万円を超える場合は扶養・配偶者控除を受けることができません。

ただし、ここで注意が必要なのは、「38万円」は収入ではなく、所得です。

所得とは総収入から必要経費を差し引いた額です。

総収入―必要経費=所得

まとめると、白色申告アフィリエイターは配偶者控除を受ける場合、「38万円+経費」に抑える必要があります。

個人事業主・青色申告アフィリエイターの場合

青色申告をしている個人事業主の場合は、「10万円控除」と「65万円控除」の2種類あります。

青色申告特別控除で最大65万円の経費が認められます。

「38万円+65万円(青色申告者の控除額)=103万円」の範囲内であれば扶養・配偶者控除を受けることができます。

アフィリエイターで青色申告(個人事業主)になった場合でも103万円の範囲内であれば扶養からはずれることはありません。

※青色申告をする場合、確定申告される年の3月15日までに「青色確定申告承諾書申請」及び開業届の提出が必要です。

配偶者特別控除

所得が38万円を超えても76万円未満であれば「配偶者特別控除」が適用されることがあります。(ご主人の所得が1,000万円以下の場合)

つまり収入で言うと103万円超え~141万円未満です。

条件に合えば最高で38万円の配偶者特別控除を受けることができます。

ただし、年間の収入が141万円を超えると配偶者控除や配偶者特別控除を受けることができなくなります。

つまりこれが「141万円の壁」です。

ここまでが所得税法上の扶養の説明になります。

次の項目からは社会保険上の扶養についてです。

2017年、配偶者控除の見直しによって「103万円」から「150万円」に引き上げる方針

現在、配偶者の年収上限である103万円を150万円に引き上げることを検討しています。

ただし、これまではなかった世帯主(ご主人)の年収が1120万円を超えた場合は適用から外れます。

そして、103万円を制限として「家族手当」や「扶養手当」、「配偶者手当」が支給されている企業もあります。(企業によって制限が異なります)

それがなくなってしまう可能性もあります。

また、ここで注意しないといけないのは、ここまで解説してきたのは「税法上の扶養」についてであり、「社会保険上の扶養」の話とは全く別物です。

つまり、150万円まで働けても社会保険の壁である「130万円」を超えると社会保険の支払い義務が発生します。

次の項目で詳しく解説します。

健康保険上の扶養とは

アフィリエイター健康保険控除

「130万円の壁」とは、別名「社会保険の壁」のことです。

健康保険上の扶養とは、健康保険と年金のことで管轄は厚生労働省です。

健康保険上の扶養の場合、保険料はそのままで家族も同じ健康保険制度を利用したり厚生年金に入ることができます。

見込み年収が130万円未満であればご主人の扶養に入ることができます。

詳しい要件は以下のとおりです。

  • 収入が年間で130万円未満であること(60歳以上または障害者の方は180万円以内)
  • 夫(扶養者)と同居していること
  • 妻の収入が原則、夫(扶養者)の半分未満である

ここで注意が必要なのは所得ではなく、年間の収入です。

また、一般的に130万円未満といわれていますが、加入している健康保険組合によって扶養の定義が異なります。

必ず加入している保険要件を確認しましょう。

扶養に入ることができない場合は、「国民健康保険」に加入することになり、収入に応じた保険料を支払う必要があります。

※パートなど給与所得者の場合は、平成28年10月から施行された見込み年収106万円未満に該当する場合があります。次の項目で詳しく解説していきます。

「106万円の壁」はアフィリエイターには該当しない?

最近「106万円の壁」という言葉を聞いた方もいらっしゃると思います。

ご主人の社会保険の扶養の範囲である額はこれまで年収130万円でした。

しかし、平成28年10月からはこの年収130万円が引き下げられ106万円になりました。

ただし、下記の条件に該当する方のみです。

  • 週20時間以上の勤務時間
  • 1か月の賃金88,000円以上(見込み年収106万円以上)
  • 勤務期間1年以上見込み
  • 勤務先の従業員が501人以上の企業
  • 学生以外

今のところアフィリエイターには該当しませんが、今後適応範囲が広まるなど変わってくるかもしれません。

まとめ「38万円」「76万円」「103万円」「106万円」「130万円」「150万円」の壁

アフィリエイト扶養控除

●「38万円の壁」→税金のこと

年間の所得が38万円を超えると扶養または配偶者控除が受けられません。

総収入-必要経費=所得

●「所得76万円(収入141万円)」→税金のこと

年間の所得が38万円超えても、38万~76万円未満(収入103万超え~141万円)であれば「配偶者特別控除」が適用されることがありまります。

ただし、この場合ご主人の所得が1,000万円以下です。

年間の所得76万円(収入141万円)を超えると配偶者特別控除を受けることができなくなります。

●「103万円の壁」→税金のこと

①パートやアルバイトなどの給与所得者は、

基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円

つまり、年収103万円以下であれば扶養または配偶者控除を受けることができます。

②青色申告をしている専業主婦アフィリエイターの場合は、

38万円+青色申告者の控除額65万円=103万円

つまり、年収103万円の範囲内であれば扶養・配偶者控除を受けることができます。

●「106万円の壁」→社会保険のこと

平成28年現在、アフィリエイターには該当しません。

条件に該当する方のみ、平成28年10月からは130万円の壁が引き下げられ106万円になりました。

●「130万円の壁」→社会保険のこと

見込み年収が130万円未満であればご主人の扶養に入ることができます。

扶養に入ることができない場合は、「国民健康保険」に加入することになり、保険料を支払う必要があります。

●「150万円の壁」→税金のこと

今回、配偶者控除の見直しが検討されています。

配偶者の年収上限を「103万円」から「150万円」に引き上げる方針。

ただし、世帯主の年収が1120万円を超えた場合は適用から外れます。

●住民税

アフィリエイトで収入を得ている場合は、所得税の他に住民税を納める義務があります。

所得税の確定申告は税務署で行いますが、住民税の申告はお住いの市町村の役場で行います。

専業主婦アフィリエイターの場合、33万円を超えると住民税が必要になります。

ただし、税務署で確定申告した場合は税務署から市区町村へ税金の情報が渡されますので住民税の申告は不要です。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

参考記事→【アフィリエイト】主婦やサラリーマンは確定申告や住民税が必要?

まとめ

「税金の壁」である103万円をひと月に表すと85,833円。

「社会保険の壁」である130万円をひと月に表すと108,333円。

この額を見て多いと思いますか?

それとも少ないと思いますか?

アフィリエイトに費やせる時間など生活状況によっても感じ方がちがうかと思います。

しかし、アフィリエイトを正しい方法で継続しコツコツ続けていけば、月に10万円は決して難しい額ではなく、十分に達成する額です。

そこで、扶養から外れるのか、扶養の範囲内で働くかどうかを事前にしっかり決めておく必要があります。

なぜなら、アフィリエイトの収入が130万円を超えると、扶養や配偶者控除から外れてしまいます。

そうなれば配偶者特別控除は適用されることがあっても、国民健康保険・国民年金や所得税、住民税を自分で支払わなければいけません。

アフィリエイトの収入が130万円を超えても150万円以内の場合、扶養の範囲内で働く方が手元に残るお金が多いということも十分あり得るからです。

もし、103万円を超えるのであれば利益になるように160万円以上稼ぐことです。

アフィリエイトで160万円以上稼ぐことができれば子供の教育費や将来のための貯蓄、マイホームや旅行などにあてることもできるでしょう。

また、160万円を超えるという目標を持つと、モチベーションがあがり、作業が継続できるということもあります。

社会保険の変更や配偶者控除の見直しなど、最近の社会的な流れを見ているといつまでも扶養制度があるとは限りません。

そのためには税金や保険料など気にしないくらいアフィリエイトでたくさん稼げるのが一番いいかもしれませんね。

アフィリエイトは働き方を自由に決めることができます。

あなたの生活スタイルを考えながら家庭にあったベストな働き方を見つけて下さいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

私の記事が少しでもお役にたてれば嬉しく思います。

今回の記事に関するご質問、ご感想等がございましたら、 お気軽に下記のフォームより私にお伝え下さい。

頂きましたコメントに気付き次第すぐに回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ