【特化型ブログアフィリエイト】1記事あたり必要な文字数

【特化型ブログアフィリエイト】1記事あたり必要な文字数

特化型ブログ文字数

実際にアフィリエイトブログの記事を書き始めると、

「1記事あたりどれくらい文字数が必要なの?」

と悩まれる方も多いと思います。

結論からお伝えすると、最低でも1,000文字は必要です。

「1,000文字」

あなたは多いと感じましたか?

それとも、少ないと感じましたか?

数字だけ見ると難しく感じてしまうかもしれません。

しかし、実際にキーワードに見合った文章を書いていくと1,000文字は意外に簡単に書けると感じる方も多いです。

趣味ブログでは文字数はあまり意識しないのに・・・。

そもそも、なぜ文字数が重要なのでしょうか。

それは、アフィリエイトで収入を得るためには、インターネットの検索結果で上位表示されることが前提となります。

さらに、検索結果で1ページ目と2ページに目に表示されるのではクリックされる回数が圧倒的に違います。

そのため、あなたの書いた記事が1ページ目に入るかどうかが重要です。

その上位表示の鍵を握っているのがGoogleなのです。

上位に表示されるかどうかはGoogleのアルゴリズムによって決まります。

つまり、Googleの基準に合わせた対策を行うことで上位表示させることが可能になるのです。

リンクを貼る、キーワードを入れるなど様々な対策がありますが、その中の一つに文字数が挙げられます。

文字数の場合、1記事に対して1,000文字以上は必要です。

ここで注意すべき点は、1,000文字だけに意識しすぎて同じような文章を繰り返し使ってしまうと中身の薄い記事になってしまいます。

同じような文章は読者を飽きさせます。

読み手が離れるとPV数(ページを表示した回数)が減り、その結果Googleからの評価が下がってしまいます。

もし、文字数が足りない場合にはもう一つキーワードを増やしたり、まとめのページであなたの意見を伝えるなどして、文字数というより記事の内容に重点を置くことが大切です。

また、1,000文字以上という数字ばかり意識しすぎて記事の更新ができなくなるのでは意味がありません。

アフィリエイトは継続しなければ収入は発生しません。

文字数を意識する前にまずは記事を書いてみることが大切です。

【SEO】上位表示されるために文字数よりも重要なこと

実は、文字数が多いからといって必ずしも上位表示されるとは限りません。

重要なことは「読者にとって価値ある記事を提供すること」です。

これはGoogleも推奨しています。

Googleは価値あるコンテンツ記事に対して上位表示する傾向があります。

つまり文字数は1つの目安であり、読み手にとって価値のあるコンテンツを意識して書くことが何よりも大切です。

価値あるコンテンツを更新すれば結果的に上位表示につながります。

逆に、読者にとって価値の低いコンテンツはGoogleから手動ペナルティを受ける可能性が高くなります。

アフィリエイトで報酬を得ている場合、このGoogleからの手動ペナルティが最も怖いです。

ペナルティを受けないためにも、また上位表示されるためにも、読者にとって価値ある記事を更新していくことが大切です。

手動ペナルティについての記事はこちらに詳しく解説しています。

参考記事→トレンドアフィリエイトでGoogle手動ペナルティを解除し特化型ブログへ移行する

まとめ

数年前までは1記事書くのに500文字あれば十分と言われていました。

しかし、今では1,000文字以上必要など、Googleのアルゴリズムは日々変化していきます。

読者に価値ある記事を伝えるためにはある程度の文字数が重要です。

その文字数の目安が1,000文字以上なのです。

ちなみに私は1記事あたり2,000文字から4,000文字になることが多いです。

もちろん、長ければいいというものではありません。

第一に、読者に価値あるコンテンツを伝えることが大切です。

そしてそれは今後も変わらない重要な要素ではないかと思います。

「あなたの記事は誰に発信していますか?」

「その方に何を伝えたいですか?」

難しく考えずにまずは文章を書いてみることです。

読者に価値ある記事を書くことで自然と文字数も多くなる。

アフィリエイト成功の秘訣はここにあるのではないでしょうか。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

私の記事が少しでもお役にたてれば嬉しく思います。

今回の記事に関するご質問、ご感想等がございましたら、 お気軽に下記のフォームより私にお伝え下さい。

頂きましたコメントに気付き次第すぐに回答いたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ